疲れ目で目が充血してしまわないように、疲れ目解消法を知ろう。

現代では、毎日のように私たちはパソコンや携帯電話を長時間使っています。そのため、私たちの目はとても疲れやすくなっています。長時間、パソコンや携帯電話の画面を凝視することによって、私たちの目の血管は血行不良になったり、目のピントを合わせる筋肉が凝り固まったりすることによって、目が疲れてしまいます。

目が疲れてしまうことによって、目が充血してしまったり、肩こりや頭痛も引き起こしてしまったりする場合もあります。目が充血することを避けるためにも、目の疲れは禁物です。疲れ目対策や疲れ目解消法を知ることが重要です。少しでも、目が疲れたと感じた場合は、温かいお湯で絞ったタオルなどで目を温めましょう。

そうすることで、目の血管の血行不良が解消されます。さらに、充血してしまった場合は温めるのではなくて、冷やす方法が効果的です。冷たい水や氷水で冷やしたタオルで目を冷やしましょう。疲れ目解消には、ツボを刺激する方法もあります。

目の周りには、疲れ目に効果があるというツボがいくつかあります。私たちが、目が疲れたときなんかに無意識にマッサージしている目頭は『せいめい』というツボです。

また、こめかみにある『太陽』というツボも疲れ目に効果があります。目の周り以外にも、首の後ろの『風池』というツボや手の親指と人差し指の間にある『合谷』というツボも疲れ目に効果があります。これらの疲れ目に効果があるツボを目が疲れたときはマッサージしましょう。

しかし、目が疲れたりする前に、出来ることなら一時間に一度は休憩するようにするのが一番いい方法だと言えるでしょう。

またパソコンやスマホの見過ぎで注意したいのが青色光です。青色光はとてみ刺激が強く、網膜、特に黄班という目の一番視力が出る部分に悪影響を及ぼします。これが黄斑変性症と呼ばれる病気ですが、近年の高齢化とともに加齢による黄斑変性症も増えています。

加齢黄斑変性症になると視野がゆがんで見えるなどの症状がでますが、自覚症状がほとんどないのが特徴です。そのため、潜在的にその患者数はかなりの数に上るのではないかと推定されています。特に喫煙者はこの病気にかかる人が多いため注意が必要です。(参考:加齢黄斑変性症